英語を使う意図を明確にしましょう

英語を自由に身に着けるための一つのポイントは英語を身に着けるための意図が明確であるかどうかということです。

 

意図とは、簡単に言えば「なぜ英語を使いたいのか?」という動機や方向性です。「ただ英語を何となく使いたい」という意図だとちょっと曖昧で、気持ちがなかなか英語に向いていきません。

 

英語能力と動機について学生時代に研究をしました。母校にお願いして、英語力と動機との関係性の心理的なデータを取ったところ、英語に対する動機や関心が高い生徒ほど、英語力が高いということが統計的に優位になりました。やはり意図が英語上達のキーだということが分かりました。

 

英語を自由に使う意図を明確にしましょう。例えば、イギリスに行って自由にミュージカルを観たいという意図があれば、イギリスで観たいミュージカルについて調べてみたり、インターネット上の英語サイトの情報に触れてみたり、英語を学習している時にイギリスの写真を貼っておいたり、ミュージカルを英語で紹介している動画を探して意味が分からなくてもとりあえずみたり。そのような意図に関する行動が英語スイッチをオンにしてくれるでしょう。

Follow me!

Scroll to top
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook