子供の言語習得プロセスを参考に

妻のエリーの出産がありまして、久しぶりの更新になってしまいました。5月13日10:38に無事女の子が生まれました。みなさまの応援ありがとうございました。Thank you very much for your support!

 

18日に無事退院もでき、今は自宅で育児奮闘中です。人生でのはじめての体験ですが、ドキドキしつつもワクワクしながら楽しんでいます。毎日、いろんなことがあり人間が成長していくプロセスを同時に味わっています。日々顔つきが変わるんですね。

 

生まれてから子供は環境で使われている言語に適応していき、社会化していくんですね。赤ちゃんは今は言葉は話すことはできず、泣くことで私たちとコミュニケーションを取っています。また、意味なく微笑んだりもしますが、これも笑うことで社会の中でコミュニケーションがスムーズに行くということを知っていて、本能的に行うようです。

 

でも、赤ちゃんは言葉は話さないものの、その準備は既にお腹の中にいたときからしていて、周りの音を注意深く聞いています。エリーが出産した田中ウィメンズクリニックの田中先生も「どんどんと話しかけてくださいね。既に音を聞いていますから。」とアドバイスを頂き実践しています。もちろん、日本語も話しかけていますが、英語でも話しかけています。スムーズに英語を習得する目安の年齢として6歳というのがあります。6歳までに英語に慣れると、英語が使えるようになると言われています。

 

子供の言語習得方法は、大人になってから英語を使えるようになるためのヒントがたくさん詰まっています。ドルフィンイングリッシュクラブでは、子供が言語を習得する方法を参考にしています。リラックス+集中+動機がそのキーですね。

 

 

Follow me!

Scroll to top
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook