コミュニケーションで英語を使う

英語を学ぶ意義は人それぞれですが、もし英語を世界の人々とのコミュニケーションとして使えるようになりたい場合、文法や単語、発音に重きを置かずに、柔軟なコミュニケーション力を磨いていくことにフォーカスをすることが大切だと感じています。

 

もちろん、完全な文法や単語、発音で話せれば理想的ですが、完璧を目指すほど、失敗や間違い、「正しくある必要性」に気持ちが捉われてしまい、肝心なコミュニケーション力が身につかず、英語の知識があるにも関わらず、外国の方に英語で話し掛けれられると、焦ったり、モジモジしてしまい英語が出てこないというケースがよくあります。

 

ドルフィンイングリッシュクラブでは、英語を習得するために大きく分けて2種類のアプローチを取っています。一つは直接的なアプローチで、もう一つは間接的なアプローチです。直接的なアプローチは、ダイレクトストラテジーとも呼び、実際に英語に触れることです。間接的なアプローチは、インダイレクトストラテジーとも呼ばれ、英語を使う前の心の状態や環境を英語モードにすることです。日本の教育では、直接的なアプローチを優先しているように感じます。しかし、間接的なアプローチが直接的なアプローチと見事に調和したときが、もっとも効率的に英語スイッチをオンにすることができます。

 

コミュニケーション力を身に付けるには、やはり相手が必要です。社会的な環境があってこそ、コミュニケーションは成り立ちます。対面でもいいし、電話でもいいし、ネットの中でも構いませんが、他者との関係性があって初めてコミュニケーションが行われます。ドルフィンイングリッシュクラブでは、この点を考慮しています。楽な環境でリラックスして、英語を実際に使っていきましょう。

ドルフィンイングリッシュクラブレギュラークラスのご案内

2019 10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


9月12日(木)19:00-21:009月13日(木)19:00-21:00


会場受講通信受講(Zoom)


無料体験(初回)1回レッスン5回レッスン券10回レッスン券

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Scroll to top
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook